CSR

コンプライアンス

グローバル化が進み激動する我が国の経済においては、企業倫理への取り組みが従来にも増して求められており、公共事業を主要業務とする当社は、「社会の公器」であるとことを強く認識するとともに「法令・社会規範の遵守」を基本とした公正で健全な経営体制を構築していくことが、CSRの根幹であると考えています。その考えのもと、「経営者のコンプライアンス基本方針」に基づき「企業行動規範」定め、全ての役職員にコンプライアンスの浸透と徹底を図る「コンプライアンス経営」確立し、ステークホルダーの皆様の高い信頼を獲得できる企業を目指しています。

〔1〕経営者のコンプライアンス基本方針

今日のわが国の経済は、市場開放や規制緩和政策などによって急速にグローバル化が進み、企業活動は自由度が高まる一方で自己責任が重視される状況にあります。このような中、法令違反や社会規範を犯す企業不祥事があとを絶たず、企業組織として法令遵守のみならず社会的責任や企業倫理への対応が従来にも増して求められています。当社としては、これらの社会経済環境の変化と社会的要請に対し、公正で健全な経営の構築が必要であるものと考え、長期的な視野に立ち、自主的に適切な企業活動を促すため、このたびコンプライアンス・プログラムを整備し、コンプライアンスの浸透と徹底を図る「コンプライアンス経営」を目指します。

公共事業を担う当社は、仕事を通じて社会へ奉仕することから「社会の公器」であるとの認識のもと企業倫理や法規範、社会規範を含めた観点でコンプライアンスに取り組み、顧客と社会から高い信頼が得られるよう努めていきます。この推進にあたっては、企業行動指針となる「企業行動規範」を定め、具体的な遵守事項については「コンプライアンス・マニュアル」を作成しました。こうした経営姿勢を役職員のひとりひとり自らが理解を深め、企業行動規範に従い企業倫理を実践することで、高い信頼を勝ち取り、企業価値の向上につなげていきたいと考えます。

今後とも、役職員の全てが社会へ奉仕する喜びと誇りを失うことなく、会社の恒久的発展を望むとともに、これを支える皆さんの大切な家族の幸せを切に願います。

地崎道路株式会社
代表取締役社長 丹野 義明

〔2〕企業行動規範

Ⅰ.企業行動規範

  • 第1 社会的使命
    社会の要請に応えた企業活動に誠実に取り組み、良質かつ安全な建設生産物や商品及びサービスを適正価格で顧客に提供することで、経済社会の発展と国民生活の向上に貢献します。
  • 第2 公正かつ誠実な企業活動
    法令及びその精神を遵守するとともに、社会から疑惑を招くような行為、社会の常識から逸脱するような行為は一切行いません。
  • 第3 人間の尊重
    企業活動を担う「人」を大切にする企業として、人権、人格、個性を尊重するとともに快適で安全な職場環境を確保し、魅力ある労働環境の創出に努めます。
  • 第4 社会との共生
    企業は社会と共存共栄の関係にあるため、企業は積極的に社会貢献活動や環境問題に取り組み、社会との良好な関係の構築に努め、社会との共生を図っていく必要があります。

Ⅱ.企業行動規範の運用

企業行動規範を運用するため、経営者は率先して必要な体制整備等を推進し、役員、従業員が本規範について十分な理解を得られるために必要な教育・研修を実施し、企業倫理の徹底を図ります。

〔3〕一般事業主行動計画

地崎道路では、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、従業員の仕事と家庭、生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現と、次代の社会を担う子供や若年者が育成される環境の整備に積極的に取り組むために、下記のとおり「一般事業主行動計画」を策定しています。

1.計画内容

  • (1)所定外労働の削減のための措置を実施する。
  • (2)年次有給休暇の取得を促進するための措置を実施する。
  • (3)若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供、適正な募集・採用機会の確保、その他の雇用管理の改善を推進する。

2.計画期間

平成27年4月1日~平成30年3月31日

環境への取組み

Topics

2015.11.25 EV・PHV用充電設備を千歳営業所に設置
2015.06.03 北海道苫小牧市に「油汚染浄化センター」を開業
苫小牧民報(H27.6.4掲載)(PDF:850KB)
千歳民報(H27.6.9掲載)(PDF:640KB)
北海道建設新聞(H27.6.10掲載)(PDF:578KB)
2015.05.29 産業廃棄物処分業及び特別管理産業廃棄物処分業許可、産業廃棄物収集運搬業及び特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可を取得(北海道知事許可)
産業廃棄物・特別管理産業廃棄物処分業許可証(PDF:453KB)
産業廃棄物・特別管理産業廃棄物収集運搬業許可証(PDF:429KB)
2012.03.05 環境マネジメントシステム(EMS)の認証を全社統一で取得
環境マネジメントシステム登録証・付属書(PDF:391KB)
2011.09.01 「バイオレメディエーション」 適合確認取得について業界各紙に記事掲載
日刊建設工業新聞(H23.9.1付)(PDF:234KB)
日刊建設産業新聞(H23.9.1付)(PDF:178KB)
建設通信新聞(H23.9.1付)(PDF:104KB)
2011.05.06 「バイオレメディエーション」が経済産業省・環境省の適合確認を取得
適合確認証(PDF:186KB)
バイオレメディエーションリーフレット(PDF:859KB)
2010.11.09 札幌市「環境活動発表会」で省エネ技術「バイオレメディエーション」を紹介
2010.07.31 環境広場さっぽろ2010に出展しました。
2010.03.01 「新技術・新製品 情報交差点」に当社の土壌浄化技術「バイオレメディエーション」が掲載されました。
(りそな総合研究所(株)発行 「りそなーれ」2010年3月号掲載)
2009.08.03 環境広場さっぽろ2009に出展しました。
2009.06.24 「環境対応車ユーザーインタビュー」が掲載されました。
(日刊自動車新聞 2009.06.24掲載)
2009.03.01 「エコは北から⑦ 環境省・油汚染対策ガイドライン」で当社の土壌浄化処理事業が紹介されました。
(ウィングサッポロ4月号 2009.03.01掲載)

EV・PHV用充電設備

移転新築した千歳営業所に、社員専用の設備としてEV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッド自動車)用の充電設備を設置しました。次世代自動車(EV・PHV)の購入促進とガソリン自動車からの買い替えにより、温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出削減を図り、低炭素社会の実現に向けて積極的に貢献してまいります。

EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッド自動車)用の充電設備 EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッド自動車)用の充電設備

社会貢献への取り組み

地崎道路は、道路整備をはじめ幅広い分野で地域社会の基盤づくりに貢献するだけでなく、責任ある企業市民として様々な社会貢献活動を通じて地域住民との信頼と絆をより一層深め、これからも地域社会と共に歩み続けてまいります。

本社・本州統轄事業部

港区アドプト・プログラムに取り組んでいます

弊社本社・本州統轄事業部では、平成15年に施工を担当した本社・本州統轄事業部事務所近隣の港区特別区道1135号線において、平成19年度より東京都港区との間で「アドプト・プログラム協定」を締結し、道路清掃のボランティア活動を「港区アドプト・プログラム」として取り組んでおります。活動は、毎月第二金曜日に本社・本州統轄事業部の役職員が朝8時30分から30分程度特別区道1135号線のゴミ拾いや植樹升の草取りを行っています。これまでの継続的な活動が認められ平成22年10月にサインボードを設置していただき、さらに平成25年10月には「港区景観街づくり賞特別賞」をいただいております。微力ではありますが、末永く地域に貢献すべく活動を継続してまいります。

港区アドプト・プログラム

社会貢献への取り組みの模様 社会貢献への取り組みの模様 社会貢献への取り組みの模様 社会貢献への取り組みの模様

北海道支店

ボランティアサポートプログラム「陸の玄関口花ロード」に取り組んでいます

弊社北海道支店千歳営業所では、平成21年4月から千歳市、北海道開発局札幌開発建設部との間で協定を結び、ボランティアサポートプログラム「陸の玄関口花ロード」として、JR千歳駅前通り(国道337号線)の美化・清掃活動に取り組んでいます。活動内容としては、5月~11月の間は始めに花壇・植樹升にベゴニアの苗を植え、その後は毎月1回花壇の草取り、歩道の清掃活動を行います。11月には花壇のベゴニアを撤去・回収や植樹升の落ち葉などのごみ拾いを行います。冬場の活動として、平成22年12月から毎年、凍結路面の転倒防止用砕石「スベRUNベ砂(すべらんべさ)」を千歳駅前通り振興会に寄贈し、歩道に散布していただいております。

ボランティアサポートプログラム(北海道開発局 札幌開発建設部)
千歳民報(H28.12.22掲載)、北海道建設新聞(H28.12.28掲載)(PDF:264kB)

社会貢献への取り組みの模様 社会貢献への取り組みの模様 社会貢献への取り組みの模様 社会貢献への取り組みの模様

ボランティア活動で札幌工業高校グラウンドを整備(平成28年5月8日)

弊社北海道支店千歳営業所は、地域貢献活動の一環で平成28年5月8日に北海道札幌工業高校のグラウンド整備を行いました。当活動は、弊社に在籍している同校の卒業生を中心に一昨年から実施しており今回で3回目となりましたが、当日は情報化施工の技術を使って約1万3000m²の整地を行いました。

北海道通信(H28.5.11掲載)、北海道建設新聞(H28.5.12掲載)(PDF:2.48MB)

札幌工業高のグラウンドを情報化施工で整備(平成27年5月9日)

弊社北海道支店千歳営業所では、平成27年5月9日ボランティア活動として札幌工業高校のグランウンド整備を行いました。グラウンド整備のボランティア活動は昨年から行っており、今年は野球場、サッカー場、陸上トラックを含めた約1万3000㎡の整備をモーターグレーダー、ブルドーザー、タイヤローラー等計9台の機械を持ち込んで実施しました。そのうちモータグレーダ2台とブルドーザー1台でマシンコントロールを使った情報化施工により行いました。

北海道通信(H27.5.12掲載)(PDF:375KB)